婦人

脂肪吸引で頑固な太ももの脂肪をなくそう|美脚を手に入れる

レーザーや外科手術の施術

タトゥーの入った人

クリニックでの施術方法

若い人などでは結婚を機に刺青を除去する人が増えています。刺青の除去の施術においては、美容外科などのクリニックで実施をされています。施術方法としては、レーザーによる方法と外科的な手術による方法があります。レーザーによる方法は、専用の機器から刺青へレーザーを照射して除去を行います。しかし、レーザーによる施術では、皮膚にはヤケド跡が残るようになっています。一方、外科的な手術においては、刺青の部分の皮膚をメスで切り取ることで除去をしています。そのため、刺青が小さい場合にとくに有効です。外科的な手術によって除去すると、刺青を完全に残らなくすることが可能となります。しかし、皮膚の傷跡は残る点に注意が必要となります。

アブレーション治療

レーザーを用いた刺青の除去の施術においては、従来は刺青の色が黄色などの場合には除去できない状況がありました。しかし、近年ではあらゆる色に反応するレーザーが開発されたことで、どんな色でも除去ができるようになってきています。しかし、レーザーによる施術では、刺青を薄くすることはできても完全に消すことはできないです。現在、除去後の傷跡を少なくする施術としては、アブレーション治療が注目を集めるようになっています。アブレーション治療は皮膚を削ることで、刺青を除去していきます。皮膚を削る場合には、箇所を限定して薄く削ることが重要となります。その結果として、傷跡を残らなくすることが可能です。今後はアブレーション治療の技術が高まるにしたがって、傷跡の残らない施術が広がる可能性があります。