婦人

脂肪吸引で頑固な太ももの脂肪をなくそう|美脚を手に入れる

金を使ったフェイスリフト

美容整形

切れたり溶けたりしない糸

現在では、美容整形外科でのフェイスリフトによる若返り治療が流行しています。これは、肌を下から上へと縫い上げるように糸を通すことで、たるんで垂れた状態を改善するという整形手術です。整形手術ですが、切開や切除などがおこなわれないので、手術跡が残ることはありません。もちろん糸も、肌の深い部分に通されるので、透けて見えるといったこともないのです。ところが、施術後に肌に強い刺激を与えると、糸が切れてしまうことがあります。その場合は、肌が再び垂れてくることになります。また、溶けるタイプの糸を使用した場合にも、糸が溶けていくにつれて、肌がたるんでくることが多いです。しかし金で作られた糸を使ったフェイスリフトなら、効果が持続します。金の糸は金属ですから、簡単には切れませんし、体内で溶けることもないのです。

金が持つ美容効果

金は、古くから美容のために使われていた金属です。具体的には、粉末状の金が、化粧品として肌に塗られたり、薬として飲まれたりしていたのです。金が付着したり体内に入ったりすることで、体は軽微な刺激を受けます。すると体は、刺激に耐えることのできるような健康的な細胞を、新たに生み出します。そのため金の化粧品や薬を使い続けていれば、新しい細胞が増えることで、体は若返っていくのです。そして金の糸によるフェイスリフトでも、同様の効果が出てきます。金の糸が肌の内部に存在し続けることで、肌はどんどん若返っていきます。もちろんフェイスリフトによってたるみが目立たなくなるので、それによっても顔は若々しく見えるようになります。このように二重の若返り効果があるため、金の糸によるフェイスリフトは、整形手術の中でも特に注目を集めています。